| トップページ | 会社概要 | 業務内容 | 採用情報 | お問い合わせ先 | リンク |

トップページデータ加工・各種出力

業務内容 ~データ加工・各種出力~

○出力可能網点○

 弊社で出力可能な網点・線数は以下の通りです。 CTP・フィルム共に対応しております。
 ※FMスクリーンはフィルム出力未対応です。


■AMスクリーン

 <2400dpi> 175線/150線/133線/85線
 <高精細網点> ~370線
 ※その他の線数につきましては御相談ください。

■FMスクリーン

RanDotX> 20μm
 色彩豊かな再現性に加えて、シャドウのつぶれが少なく、シャープな質感、鮮明なディテール表現を可能にします。また、干渉モアレやロゼッタモアレはもちろん、急激なトーンジャンプも解消。効率的な光の吸収により、AMスクリーンでは得られない鮮やかな中間色と広い色再現を可能にするなど、ワンランク上の美しい連続調の印刷品質を実現します。中間領域に整然としたドットパターンを形成することにより、中間調のざらつきや不規則なパターンの発生などの問題を解消。階調の安定化によって、滑らかな色再現が可能となります。

FairDot2> 350線相当、650線相当
 FMスクリーンとAMスクリーン両方のドット構造と配置の長所を利用し、画像の濃淡に応じて網点を使い分け、絵柄のあらゆる部分において最適な表現を行います。
濃度1~10%のハイライト領域と90~99%のシャドウ領域では、FMスクリーンのように一定の大きさの網点を用い、密度を変化させることで階調表現をしています。そして、10~90%の中間領域では、AMスクリーンのように網点の大きさを変えています。ドットはFMスクリーン同様ランダムに配置されていますので、スクリーン角度で干渉が起こることはありません。

AM-FM比較

AM-FM網パーセント


○特殊印刷○

 弊社では、オフセット印刷の新しいビジョンとして、DIC株式会社様の提供される、6色プロセス印刷システム「DIC Six Color System」・広色域4色プロセスインキ「湧水」の技術を取り入れております。
 両システムを導入する印刷会社は日本では当社グループ(秀英堂紙工印刷株式会社・日本プロセス株式会社)だけです。※DIC株式会社様紹介サイト調べ。

DIC Six Color System
 従来の4色プロセス印刷では表現し得なかった色領域を演出することを可能とします。DIC Six Color System専用の6色プロセスインキ(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、オレンジ、グリーン)とFMスクリーニング技術、更にDIC様のフォローによる印刷条件の設定により広色域印刷を具現化します。

dic 6color

湧水
 新規開発の顔料を使用した上、顔料の含有率を高めても流動性を落とさない設計をした広色域4色プロセスインキです。高濃度と豊かな階調再現を可能にすることから、一般の4色プロセス印刷が苦手とするピンク、オレンジ、ブルーバイオレットの色域を拡大することができます。ブルーバイオレットの色域では鮮やかな透明感と深みのある色表現を両立します。
湧水


○CUD(カラーユニバーサルデザイン)○

 人間が光を感じる目の細胞、錐体は、血液型のように生まれつきタイプが決まっています。一番多いのが赤緑青の3種類の錐体を持つタイプ(C型)で、日本人男性の約95 %,女性の99 %以上を占めます。
 次に多いのが緑の錐体が無かったり感じる波長が赤に似通ったタイプ(D型)、その次が赤の錐体が無かったり感じる波長が緑に似通ったタイプ(P型)です。
 一般に人数が多いC型を「一般色覚者」と呼び、C型以外の色覚の持ち主を(C型を基準とすれば色認識に弱い点があることから)「色弱者」と呼びます。

 CUDはより多くの人へ適切に情報を伝えるために、色覚特性に関係なく共に使える「すべての利用者の視点に立って使いやすさを追求したデザイン」です。

 弊社では、上記D型・P型の色覚シミュレーションをDDCPによって出力することができます。これにより、それぞれの型でどのように見えるかを確認することができます。

cud c
cud d
cud p

○出力機器紹介○

カラーLEDプリンタ(POD出力機)

Versant 80 Press/富士ゼロックス社製
最大出力可能サイズ:488×330mm

 カラーLEDプリンタです。高速・高画質で、疑似網点にて出力されます。プロファイルをJapancolor2011に合わせておりますので、簡易校正としてもご利用いただけます。印刷本紙に印刷可能です。オーバープリントやトラッピングも再現可能です。両面印刷も承ります。

 POD(Print on demand オンデマンド印刷)として、印刷物と遜色ない品質を維持。少部数の冊子や、名刺・チラシなど、あらゆる分野でご利用いただけます。

DDCP

DigitalKonsensusPremium
LabProof SE/SCREEN社製
※プリンタ:SC-P9050G/EPSON社製
最大出力可能サイズ:B0Plus(幅1112mm)

 Japan Colorプルーフ運用認証の対象製品です。Japancolor2011に準拠しており、信頼性の高いプルーフを安定してご提供します。
 高解像度の1bitTIFF画像をオリジナルに近い網点で出力でき、オフセット印刷物に近い仕上がりで確認できます。

ソルベントインクジェットプリンタ

ColorPainter 64S
ColorPainter 64S PRO GEAR/SII社製
最大出力可能サイズ:幅1600mm

 溶剤系インクジェットプリンタです。強い耐候性、擦過性があり、主に長期ものや、屋外の大判出力に向いています。
インク臭気が殆ど無いため、出力成果物の臭気も無く、用途や納入先を選びません。
 あらゆるメディアの種類やグレードに対応し、トータルランニングコストに貢献します。また、光沢メディア使用時は青や赤の光沢感がさらにアップ。メディアの質感を損わず、より色の鮮やかさが強調されます。ONYX PosterShopという色管理ソフトを用いて、カラープロファイルを印刷機に合わせています。

ラミネート加工や額装、パネル貼り等も承っております。

水性顔料インクジェットプリンタ

imagePROGRAF
imagePROGRAF iPF8100/Canon社製
最大出力可能サイズ:B0Plus(幅1112mm)

 最高2400×1200dpiの高解像度を実現する高密度プリントヘッドと、レッド・グリーン・ブルーの特色インクを含む12色顔料インクを搭載し、鮮やかで高精細な出力が可能なインクジェットプリンタです。従来よりも広い色再現域をもっているので、4C印刷では難しい鮮やかな色も表現可能です。ONYX PosterShopという色管理ソフトを用いて、カラープロファイルを印刷機に合わせています。

ラミネート加工や額装、パネル貼り等も承っております。
 このプリンタの活用の様子を、キヤノン株式会社様のユーザー事例としてご紹介いただいております。ぜひご覧下さい。

モノクロLEDプリンタ

TDS400
TDS400/キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社製
最大出力可能サイズ:A0Plus

 モノクロの大判LEDプリンタです。高速で、疑似網点にて出力されます。普通紙・カラー紙・トレーシングペーパー・フィルムなど多様なメディアに印刷可能です。高速でコストが低いので、台数ものの書籍などの面付け後の文字校などに適しています。

CTPプレートレコーダー

PlateRite 8800
PlateRite 8800/SCREEN社製
最大出力可能サイズ:1130×900 mm

 フィルムレスで直接PS版に焼き付けるサーマルプレートレコーダーです。デジタルなので、従来に比べて、刷版時のピンホールや版ズレなどが大幅に減少しました。
詳しくは関連会社 秀英堂紙工印刷 HPにてご確認ください。

平台校正

色校正
最大出力可能サイズ:B1plus

 特色インキを使い、発色を確認したい場合や、実際に印刷する紙で刷りたい場合などには色校正をご利用いただけます。校正室内部は、外気をシャットアウトし、温・湿度を一定にするとともに室内の照明に印刷評価用蛍光灯を採用し、品質のバラツキを最小限に抑えるために濃度計を用いたデジタル管理をして品質管理に努めております。

設備:大日本スクリーン単色校正機(B1 全対応) 1台
   下垣鉄工所単色校正機(A1・B2 全対応) 各1台

自動検版機

ProofEye-me
ProofEye-me/SCREEN社製

 データでの修正箇所を1ピクセル単位で検出し、色調修正や、文字修正など変化のあったところのみを結果として表示します。カラーレーザープリンタにて結果を出力可能です。