| トップページ | 会社概要 | 業務内容 | 採用情報 | お問い合わせ先 | リンク |

トップページ入稿方法

業務内容 〜入稿方法〜

対応フォント ※欧文フォント・下記以外のフォントに関してはご相談下さい

  • モリサワパスポート
    ※UD(ユニバーサルデザイン)書体対応しています!
  • フォントワークス LETS
  • 大日本スクリーンフォント
  • ダイナフォント
  • アドビシステムフォント

対応アプリケーション(Mac) ※下記以外のアプリケーション,Windowsに関してはご相談下さい

  • Illustrator
    5.5/7.0/8.0/9.0/10.0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.1/CS6/
    CC/CC2014/CC2015/CC2017
  • QuarkXpress
    8
  • InDesign
    2.0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.5/CS6/
    CC/CC2014/CC2015/CC2017
  • Acrobat
    4/7/8/9/10/11/DC
  • Photoshop
    5.5/6.0/7.0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.1/CS6/
    CC/CC2014/CC2015/CC2017

入稿時の注意

<全般>
◇ファイルについて
・出力ファイルがすべて揃っていることをご確認下さい。
・リンク画像が外れていないことをご確認下さい。
◇フォントについて
・アウトラインをとるか、上記フォントであることをご確認下さい。
・フォントの種類を明記して下さい(CID・OTF・TrueType等)。※OCFフォントは非対応です。
・特殊な欧文や記号フォントなどをご使用の場合は、アウトラインをとっていただくか、フォントの添付をお願い致します。
◇アプリケーションについて
・上記アプリケーションであることをことをご確認下さい。
・アプリケーションの種類とバージョンを明記して下さい。
◇出力指示について
・最終カンプを添付して下さい。弊社にて修正する場合は指示を明確にお願い致します。
・サイズ・線数・色数・台数・分解点数等の指示を明確にお願い致します。
◇オーバープリント・トラップの設定について
・オーバープリント・トラップ設定がある場合は、その旨をお知らせ下さい。
※指定がない場合は、オーバープリント・トラップ設定は全て解除し、スミ100%に対してのみオーバープリントを行います。

<PDF>
◇作成位置について
・PDFのドキュメントサイズに対してセンターで作成して下さい。
◇カラーについて
・CMYK及び特色で作成して下さい。
◇透明効果について
・透明効果を使用している場合、PDF作成時の書類設定によって文字がガタついたり太ったりしてしまいます。ご注意下さい。
◇塗り足しについて
・塗り足しを含めて作成して下さい。
◇データ修正について
・PDFデータの修正は困難ですので、弊社にて修正をする場合は、PDF作成前データを添付して下さい。

<OutlinePDF入稿・納品>
基本的な注意事項は上記のPDFの場合と同様です。
 弊社RIPバージョン: EQUIOS Ver.4.50 EQ019
・弊社では大日本スクリーン社製のRIP「EQUIOS」を使用しております。OutlinePDF作成時のRIPのバージョンが弊社よりも高い場合は、正常な処理ができませんのでご了承下さい。
・弊社で作成したOutlinePDFを処理するには、弊社と同等もしくはそれ以上のバージョンのRIPが必要です。
・バージョンアップの詳細に関しては、御社のメディアテクノロジージャパン担当営業様にお問い合わせ下さい。
・FUJI FILM社製「Valiano Flow」をご使用になられている場合は、FUJI FILUM様へご確認をお願いいたします。

以上、ご不明な点等ございましたら弊社担当にお問い合わせ下さい。