| トップページ | 会社概要 | 業務内容 | 採用情報 | お問い合わせ先 | リンク |

トップページバーコード二次元バーコード

業務内容

二次元バーコード

二次元コードは、一次元コードと比較した場合1/10〜1/45に高密度化して、同じ桁数を表現できます。したがって極小スペースのマーキングも可能です。また、英数字のみの一次元コードと違い、カナ/漢字・英数字による情報表現が可能(データコードは除く)なので、現場サイドでの確認・各管理が容易になります。
状況によっては、ホストコンピュータへのデータ照合が不要になり、作業の効率化と低コスト化が計れます。また、コードの汚れ・破損(制限あり)等が発生しても、復元機能で読取りができ、作業に支障を与えません。
※価格は情報量によって変化します

情報の種類及び収納可能な情報量(QRコードの場合) ※情報として各文字の混在もできます
数字のみ 最大7,089文字
英数字・記号 最大4,296文字
バイナリ(8bit) 最大2,953文字
漢字・カナ 最大1,817文字

二次元コードは大別すると2種類あります
・スタック式 : バーコードを縮小し数段に積み重ねた構造
・マトリックス式 : 碁盤の上に石を並べたような構造

スタック式

PDF417
スタンダード



PDF417
トランケートシンボル

 

マトリックス式

QRコード




マイクロQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です